FC2ブログ
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

神奈川県在住。透明水彩で、風景と花を中心に描き続けています。

Author:sneaker

アルバム

最新記事

最新コメント

タグ

季節 里山   建物 公園 河川 谷戸  庭園 寺社 湖沼 樹木  市街  

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

春は名のみの

2018.02.10 12:17|伊勢原市

  180205 F4(LAMPLIGHT)

 春は名のみの 風の寒さや
 谷の鶯 歌は思えど
 時にあらずと 声も立てず
 時にあらずと 声も立てず
  「早春賦」(吉丸一昌詞 中田章曲)

 懐かしい唱歌だ。今も何かの拍子に口ずさんでいることがある。今年は春の到来が遅いだけに、今の気分にぴったりの感じがする。
 何気なく調べたところ、この歌が作られて100年以上にもなると知ってびっくりした。同時に、それほど驚くこともないのかもしれないと気づいた。自分の年齢を考えたら、子供の頃に歌った名歌は皆そのくらいあるいはそれ以上年を経ている勘定だ。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

コメント

非公開コメント