05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

神奈川県在住。透明水彩で、風景と花を中心に描き続けています。 ↓のリンクから、サイト「ぼくの水絵」もご覧ください。

Author:sneaker

アルバム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

浅春

2016.02.13 17:29|伊勢原市

  160208 F4(vifArt)

 2月も今頃になると、いくら気温が不安定でも気分的には春間近の予感が強まってきて、例年のことだが浅春とか早春とかいってみたくなる。里山も心なしかうっすらと春色を帯びてきた。

 ところで今年の1月、長野県で一時温泉旅館などが孤立状態になるという事件があった。その原因となった雨氷による倒木被害はその後の調べで数万本に及ぶといわれることを最近知った。被害の大きさにも驚くが、原因となった「雨氷」という馴染みの薄い現象自体が驚きだ。
 
 「雨氷」は、暖かい空気が上層に入り、下層は氷点下という気象条件で発生する。雨滴が落下する途中、0度以下でも凍らない「過冷却」の状態となり、氷点下の樹木などに付着した瞬間に凍る現象だそうだ。霧氷や樹氷とは気泡の含有量が違い、普通の氷に近い性質をもつといわれる。長野や山梨などの山岳地域で多く観測され、今度の倒木は、雨氷の現象が繰り返された結果その重みに耐えられなくなったのだろうといわれる。

 当地では幸い氷雪の被害には無縁だが、自然の現象に油断ができないのはどこも同じだ。

↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

コメント

非公開コメント