05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

神奈川県在住。透明水彩で、風景と花を中心に描き続けています。 ↓のリンクから、サイト「ぼくの水絵」もご覧ください。

Author:sneaker

アルバム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

散歩

2016.02.11 11:36|伊勢原市

  160206 F4(vifArt)

 里山を歩いていると、たまに声をかけられることがある。そんなとき、決まって相手の口から出るのが「散歩ですか」という言葉だ。こっちは一応ロケハンのつもりで画材入りのザックを背負っているのだが、そんな出会いがあるのはハイキングをするような道でもないことが多いし、そういわれても曖昧に「ええ」と答えるしかない。まあ半分くらいは無駄足覚悟の歩きだからそういわれるのは仕方がないが。
 しかし「散歩」という言葉には、内心オレのはちょっと違うんだけどと引っかかる気がするのは確かだ。「散歩」というと、「自宅からそう遠くないところをゆったり歩く」というイメージが強い。気になって調べてみた。
 「特別の目的をもたずに,気の向くままに歩くこと。散策。」とある。してみると辞書的には、聞く方も答える方も間違った会話はしてないわけだ。 けれどそれでも釈然としない気持ちが残る。
 自分には「ロケハンのつもりがあって、自宅から離れた場所をうろついている」という個人的な事情があり、一方に「散歩」についてもっている語のイメージがある。どっちも辞書的な意味には収まりきれないが間違っているとは思えない。
 歩きについて似た言葉に「ウォーキング」があるが、こっちは目的的に明白な語釈があって下手に使うと誤解を招きかねない。仕方がないので私的に「スケッチ・ウォーキング」などといってみているが、もっと自分の気持ちにかなった言葉が欲しい。なかなか見当たらないので、結局「散歩ですか」「ええ」と返事するやり取りが続きそうだ。

↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

コメント

非公開コメント