04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

神奈川県在住。透明水彩で、風景と花を中心に描き続けています。 ↓のリンクから、サイト「ぼくの水絵」もご覧ください。

Author:sneaker

アルバム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

茶湯寺

2015.10.24 10:40|伊勢原市

  151017 F4(vifArt)

 ホントは涅槃寺というらしいが「茶湯寺(ちゃとうでら)」という通称が定着していて、地図などにもこっちが表示されている。茶湯による供養を行うことからこう呼ばれるようになったという。本尊は珍しい釈迦涅槃像いわゆる寝仏だ。それで涅槃寺というんだろう。ここを訪れたのは予期せぬ事故のせいだ。
 先日、大山阿夫利神社に登るケーブルカーを新しく入れ替えたというので、久し振りに出掛けてみた。ここはバスの終点から駅まで急な石段を登らなければならない。両側に土産物屋や豆腐料理の店などが延々と並ぶ狭い石段は有名だが、画材を背負った身にはこたえる。
 汗だくでその石段を登り切って駅にたどりついた。ところがナント電気系統の故障とかで運休、回復の見通しが立っていないという。ガックリした。だったらどうしてバスの始点や終点で運休の知らせをしないんだ。ここまで登らせておいてそれはないだろう。それがせめてもの客への心遣いじゃないか。文句をいったが駅員も頭を下げるばかり。
 腹が立ったが仕方がない。引き返すしかなかった。今登ってきたばかりの石段を下る気になれず、店の裏を通る坂道をシブシブ下り、途中目についた茶湯寺に寄ることにした。秋の日差しを受けて、凸凹にすり減った石段が眩しかった。仏様には悪いがこんなことがなかったら、この光景は見られなかった。

↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

コメント

非公開コメント