06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

神奈川県在住。透明水彩で、風景と花を中心に描き続けています。 ↓のリンクから、サイト「ぼくの水絵」もご覧ください。

Author:sneaker

アルバム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ビニールハウス

2016.07.29 17:01|伊勢原市

  140805 F4(VIFART)

 最近、自分が参加している同好会的なサイトで画像盗用事件が起きた。それは単なる転載でなく、わざわざ他人に依頼して作成させた作品を自作と称して公開するという悪質な事件だった。原作者が名乗り出てくれて明るみに出たのだが、それがなかったら皆が騙され続けただろう。結局盗用者は、そのサイトから放逐されて一件落着となった。
 ところがその後偶然にも、この盗用者が別なサイトでも他人の作品を盗用し自作と偽って投稿している事実が判明した。そのサイトの場合は、盗用作品を削除しただけ済ませたようだが。
 どちらも金銭的な利害を伴う事件ではない。しかしこのような許しがたい盗用は他に皆無とは言えないし、相当に根の深い問題だと思う。
 そこでこのサイトでも、↓のようなクレジットを入れるようにしてみたが、モラルのかけらもないこうした人間相手では効果のほどはわからない。本来、画像を含め公表された著作物は、法律上著作権保護の対象になっているはずだ。しかし上記のような手合いは、そんなことは気にもしないだろうし、そういう意味ではクレジットの表示があろうとなかろうと変わりないのかもしれない。まあ一種の気休めでしかないにしても、今後権利の明示だけはするようにしよう。


画像の無断転載を禁じます。[All rights reserved.]
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

山道

2016.07.27 10:36|伊勢原市

  130810 F4(VIFART)

 例年に比べて、関東の梅雨明けが遅れている。早く明けてくれないかと思うが、神奈川を除く5都県が頼る群馬の水瓶には一向に水が溜まらないようだ。これまでにも似たようなことが何度かあった。関係者は気がもめる毎日だろう。早く明けろなんて、我儘はいえない。

画像の無断転載を禁じます。[All rights reserved.]
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

坂道

2016.07.25 10:49|喫茶ギャラリー(課題)

  160725 A4(MUSE)

 出題した人は「ジェットコースター坂」と名づけて、雪の日はそりで遊べるとコメントしていた。かなりの急坂だ。場所は不明だが、自分の住んでいる街にこんな坂も少なくないので親近感の湧く構図ではある。
 真夏の昼なのだろう。電柱の影も足元にしかない。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

通天閣

2016.07.23 11:15|喫茶ギャラリー(課題)

  160722 B5(MUSE)

 言わずと知れた大阪の通天閣と新世界界隈。通天閣脚部には大きな天井画があるが、それまで入れるのは無理だった。この串かつ屋は大阪で有名な店らしい。
 ただ描いただけではつまらないのでレタッチソフトで遊んでみた。いつもと違ってイラストっぽい感じになった。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

ニューギニア・インパチェンス

2016.07.21 10:36|

  160717 F4(vifArt)

 日向に合う花の色だ。
 それにしても暑い。梅雨明け前からこれでは先が思いやられる。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

夏の川床

2016.07.19 10:26|伊勢原市

  130705 F4(Clester)

 そろそろ梅雨明けだと思うが、暑い日が続く。歩くのがいやになって、旧作に手を入れて過ごした。
 川幅はそんなにないのに、深い川の底を水が流れている。市内では、これと似たような形状の川が幾筋か見られる。平地ではそうでもないが、ちょっとした傾斜地では皆川底が深い。関東ローム層のせいで長年月のあいだにこうなったのだろう。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

せせらぎ

2016.07.17 10:57|喫茶ギャラリー(課題)

  160716 B5(MUSE)

 親水公園の水路の課題写真を描く。急な流れを間近で描く機会はあまりないのでいい勉強になった。
 白っぽく見えるのが反射光の散乱か水泡なのかよくわからないまま、これにはマスキング液を使用した。結果水泡みたいになったがマアマアの感じだ。
 珍しいことに、岩の輪郭は墨で描く気になった。水の流れとの区分をはっきりさせたかったからだ。ずっとほったらかしだった葦ペンを探し出したのだが、たまにこんなのも悪くない。描線の見える絵を少しやってみるか。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

南禅寺水路閣

2016.07.15 11:08|喫茶ギャラリー(課題)

  160713 A4(MUSE)

 京都南禅寺の馴染み深い風景。この水路は、京都の人たちのために100年以上も前から琵琶湖から用水を流し続けてきた。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

京都の路地裏

2016.07.13 13:34|喫茶ギャラリー(課題)

  160711 A4(MUSE)

 場所は寺町沿いの路地らしい。日頃にないモチーフが楽しかった。
 自転車やバイクの向きが「車は左側通行」のルールから見ると逆だったり、裸のトルソーや店の看板が通行を邪魔していたりと、雑然とした生活感があって面白い。
 自転車やバイクの向きが逆なのは、この狭い路地ではそれぞれ押して歩くのが常識になっているせいなんだろう。だが裸のトルソーは何で突っ立ってるんだろう。訳がわからないまま面白がって描いた。
 「喫茶ギャラリー」に投稿したら、何人かから「黄昏時」「昭和の名作の一場面」「郷愁」などの評言を頂いた。自分の思いと重なってそれぞれ嬉しいコメントだった。
 中には、小料理屋の「年増」なんて思わせぶりな看板のせいだろうけど、「京都在住の文豪がお忍びで通う」なんてうがった想像まであって、一瞬谷崎純一郎が頭に浮かんだ。でも、いくら昭和を回想するにしてもさすがにそれはないネ。
 この薄暗さ、古めかしさを約言すれば、「昭和の路地裏」とでもなるか。京都にはそんな路地裏が他にもありそうだ。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

おさるのノミ取り

2016.07.11 10:27|喫茶ギャラリー(課題)

  160709 B5変型 MUSE

 上野動物園の猿山にてと、課題の注釈にあった。こんな機会でもないとサルなど描けない。表情がうまく捉えられたかどうか。
 上野にも随分行ってない、動物園も美術館もご無沙汰だと思いながら描いた。そういえば、ル・コルビュジエ設計による国立西洋美術館が世界遺産になりそうだ。あの辺を歩いてみたいが、この暑さでは当分お預けだな。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ