03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

神奈川県在住。透明水彩で、風景と花を中心に描き続けています。 ↓のリンクから、サイト「ぼくの水絵」もご覧ください。

Author:sneaker

アルバム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

独り咲く

2016.04.29 11:24|伊勢原市

  160426 F4(vifArt)

 畑のなかにポツンと咲く八重桜を見つけた。見事な満開の様子に惹かれて、道らしいものもない農地の一角に遠慮しながら入り込んだ。どうしてこんな所にと思うような場所だった。植えた人はきっと桜を愛でる気持ちがあったのだろう。

 思い出したことがある。そこは時たま訪れるミカン畑の山道だった。あったはずの桜の大木がいつの間にか切り株だけになっているのに気づいたのだ。その桜は狭い道に覆いかぶさるように枝を張っていたから、花どきだけでなく普段もよく目立った。その辺りの空間がすっぽりと空っぽになって風景が一変している様子に、何とも言いようのない寂しさを味わった。
 あの大木は道路計画の予定地にあったから、切り倒したのは事情やむを得ずだったんだろう。だが木の持ち主の思いは、もしかしたら植えたのが親か先祖だったかもしれないとすると複雑だったにちがいない。あれは確かソメイヨシノだった。山中に自生するはずがない。

 この八重桜はきっと大事にされているんだろう。


↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

教会のある風景

2016.04.27 10:21|伊勢原市

  160424 F4(vifArt)

 ここ裏手から見る教会は野っ原のなかに建っているみたいで、周囲の風景にしっくり馴染んでいる。結構大きな建物だ。辺りに人家はまばらなので、きっと信者はほうぼうから集まってくるんだろう。
 この日は初夏のような天気で、ちょっと歩くだけで汗ばんだ。山野の新緑が日光に映えて眩しかった。


↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

鉄塔のある風景

2016.04.25 10:27|伊勢原市

  160421 F4(vifArt)

 鉄塔とその向こうに見える大学病院との間では、新東名高速のジャンクションを造り始めている。ジャンクションとは高速道路同士が合流する交差点のようなもの。旧東名高速をまたぐ工事が途中まで進んでいるのを、来る途中見ながらきたところだ。巨大な鉄骨やコンクリートの塊が未完成の荒々しさ剥き出しにそそり立っていて、圧倒されるような威圧感があった。
 工事の様子はここからはよく見えない。いずれはこの辺の風景も様変わりするにちがいないが、今日のところはのどかさを楽しもう。


↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

ケヤキ新緑

2016.04.23 11:48|伊勢原市

  160420 F4(vifArt)

 屋敷がすっかり新緑の林に囲まれている。今の時季、新緑は特にケヤキが新鮮で美しい。毎年、どこで見かけても心惹かれる。
 中央の立木は何なのかわからない。よく見ると枯れているわけじゃあなさそうだ。描かずにおこうかと思ったが、これも面白いかとそのままにした。


↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

山の散歩道

2016.04.21 10:31|伊勢原市

  160419 F3(VIFART)

 ミカン山に続く道。辺りが静けさと光に包まれ、向こうの山を覆う新緑の柔らかく艶やかなのが何ともいえず心地よい。思わず足を止めて、道の真ん中でスケッチを始めた。
 程なく散歩する人が現れた。この傾斜地を散歩するのは多少しんどいんじゃないかなぁ。それでも日課にしているんだろう。人も犬も慣れた足取りで通り過ぎていった。


↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

枝垂桜

2016.04.19 10:13|伊勢原市

  160418 F4(vifArt)

 国道に面して、大きな枝垂桜が咲いていた。周囲が空き地になっているのでよく目立つ。樹齢はどのくらいだろうか。枝の支柱もなく伸び伸びとした自然体で屹立している姿が好ましい。
 今年は、桜の絵は描かずじまいかと思っていたけれど、思いも寄らずこんな絵が描けた。


↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

春の山

2016.04.17 12:46|伊勢原市

  160416 F4(WATERFORD WHITE)

 新しい筆を試してみた。キャッツタン/オーバルといわれる筆だ。使ってみると、丸筆(ラウンド)と平筆(フラット)両方の描き味をもった使いやすさがあって面白い。
 また、これまで時たま使ってきたフィルバートという筆に比べると、穂先がまとまっているだけ線描きなども楽にできる。しばらくはあれこれ試して楽しめそうな感じでいる。
 この絵がその特徴を生かしているかどうかわからないけど、自分としては気分よく描けた。


↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

梨の花が咲いた

2016.04.15 09:21|伊勢原市

  160414 F4(vifArt)

 毎年、梨は桜や桃と同じ頃に花をつけるが、この花はすぐに散ってしまう。だからかどうか知らないが、授粉作業は大忙しのようだ。
 この梨畑は道路より低い所にあるので、俯瞰してスケッチするには都合がいい。前から狙っていたが、なかなかいいタイミングに巡り合わなかった。ようやく描くことができて満足。


↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

白秋童謡館

2016.04.13 10:27|小田原市

  160411 F4(vifArt)

 ここ北原白秋の資料館は、元宮内大臣田中光顕が大正年間に建てた別邸だった。ちょうど庭先の藤棚が芽吹いていた。建物を描くには、花が咲く前の今がいちばんいい頃合いだろう。
 同じ敷地内に小田原文学館があり、こっちは洋風建築。
 白秋は、若い頃小田原に住み数多くの童謡を作った。彼の作品は生涯に1200編に及ぶとされ、その半数が同地で生まれたという。「からたちの花」「ペチカ」「待ちぼうけ」「砂山」「この道」「あわて床屋」などなど、今も好きな人は多いはずだ。

 思い立ってふだん使っている緑系の絵の具なしに描いてみた。緑色を出すために使ったのはガンボージ・ノバと青系の絵の具いくつか。混色によって様々な色合いが出せるし、いろんな青系との混色で予想外の色味も楽しめた。他にも試したくなった。


↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

花桃

2016.04.11 10:01|

  160410 F4(vifArt)

 図書館に行く道で花桃の木を三本見つけた。どれも枝が隠れるほどに、びっしりと花に覆われていた。
 その咲き誇る様を描きたかったが、短時間では手に余ると一枝だけに絞った。それでも春の謳歌が聞こえてくる。丈は低いけどこの華やかさは、決して桜に引けをとらないな。


↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ