11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

神奈川県在住。透明水彩で、風景と花を中心に描き続けています。 ↓のリンクから、サイト「ぼくの水絵」もご覧ください。

Author:sneaker

アルバム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

冬木立

2015.12.31 11:03|伊勢原市

  151227 F4(vifArt)

 西の山に太陽が隠れる寸前、残光で木立が輝いていた。人知れず山中で繰り広げられる別れの挨拶、冷えた体で心が和んだ。明日も晴れるね。

↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

城の石垣

2015.12.29 10:43|小田原市

 151225 F4(vifArt)
 
 目の前の立木が落葉しつくしたせいで、枝々の隙間からふだん見られない構図を捉えることができた。天守に至る石段の下だ。陽を浴びた石垣がいつもと違う表情を見せていた。
 描きながら思った。人は何千年も昔から石を積み重ねてきた。ピラミッドやストーンヘンジ、古代ギリシャやローマの遺跡を挙げるまでもない。私たちの身近にもその例はいくらでもある。この石垣もその一つだ。整然とした石組み一つとっても、その陰に様々な技術や美意識の長い歴史が潜んでいるに違いない。一口に「文化」というが、どんな文化であるにせよ、それを成り立たせるにはこうした一見何でもないような「石積み」という営為さえもが重要な要素になっているんじゃないか。
 そんなことを思っているうちに手前の木立が邪魔に思えてきて、描き込むのはやめることにした。

↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

分かれ道

2015.12.27 10:53|伊勢原市

  151223 F4(vifArt)

 ここを奥へ向かうと、谷戸の中を一周して元に戻ってくる地形になっている。遠景に見える山腹にはいくつか細い道があって、軽いハイキング気分で歩くのが結構面白く、季節ごとにロケハンが楽しめるのがいい。これまでに何枚か描いている。

↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

思い出

2015.12.25 11:15|喫茶ギャラリー(課題)

  151222 F3(VIFART)

 年末になると年賀欠礼の知らせが届く。家族や親兄弟の逝去によるものがほとんどだが、稀に日頃疎遠にしている友人や知己本人の逝去によるものが届くことがある。つい最近もそんなことがあった。
 高校時代に親しくなった同級生だった。大学生の頃を最後に、何十年も賀状交換だけで会う機会もなかった。互いに無事を確かめ合うだけで満足してきた。他にも、そんな友達が何人かいる。
 当然数少ない思い出しかない。だがあの頃の思い出は今も鮮やかに蘇ってくる。悲しみは悲しみとして、しばらくは冥福を祈りつつそれらを拾い集めてみよう。

↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

冬至近く

2015.12.23 10:58|伊勢原市

  151221 F4(vifArt)

 穏やかな日差しを浴びて、サラサラと鈴川の水が流れていく。丹沢大山から流れ出した谷川が、この辺まで来ると水の勢いが失せてゆっくりした流れになる。上流から下流へと距離が短い川ではあるけれど、それなりに流れや沿岸の変化が楽しめるので好きな川だ。
 今日も好天、風のないのも幸いだった。

↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

秋の気配

2015.12.21 12:11|伊勢原市

  151218 F4(vifArt)

 今より少し前の風景。
 今年は暖かい日が多かったが、この辺でもゆっくりと秋は深まっている。

↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

山茶花

2015.12.19 11:15|

  151214 F3(VIFART)

 山茶花というと、今も幼いころの童謡「たき火」二番の歌詞を思い出す。
    さざんか さざんか さいたみち
    たきびだ たきびだ おちばたき
     「あたろうか」「あたろうよ」
    しもやけ おててが もうかゆい
 巽聖歌作詞によるこの歌はNHKの依頼により戦時中に渡辺茂の作曲で完成した。しかし当時軍部の横槍があって、広く歌われるようになったのは戦後だという。軍部が問題にしたのは、一番の歌詞「かきねの かきねの まがりかど/たきびだ たきびだ おちばたき」の部分で、「焚火は敵機の攻撃目標になる」「落葉は風呂焚きの貴重な資源だ」などだったとされる。
 戦中とはいえ、当時は検閲がこんなところにも及んでいたわけだ。今は街角の焚火など見ることはできないが、一方で戦争法の法制化が進み、「一億総○○」などという戦時中の忌まわしい記憶そのままの標語(今風にスローガンなどといってるが)が喚きたてられている世相を見ると、今以上に検閲強化が進むのもそう遠くないなと思ったりする。
 この山茶花は公園で咲いていた。無心に遊ぶ子供たちの傍らで、年寄りはこんなことを考えている。

↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

流れ、たゆたう

2015.12.17 09:39|伊勢原市

  151213 F4(vifArt)

晩秋のひととき。
時もたゆたう。

↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

里山の秋

2015.12.15 09:59|伊勢原市

  151209 F4(vifArt)

 日差しをまともに受けて、様々な紅葉が照り映えて美しかった。やはり陽光を浴びた紅葉はどんなものもいい。
 手前を流れる谷川は、この辺までは河床が深く切れ込んでいる。近づくのが怖いくらいだ。

↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

秋暮れる

2015.12.13 10:22|伊勢原市

  151208 F4(vifArt)

 峠を越えると夕景が広がった。残照を受けた木々が輝いていた。
 冷たい風が心地よかった。

↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ