10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

神奈川県在住。透明水彩で、風景と花を中心に描き続けています。 ↓のリンクから、サイト「ぼくの水絵」もご覧ください。

Author:sneaker

アルバム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

箱根二子山を望む

2015.11.29 12:22|小田原市

  151118 F4(vifArt 300)

 城山公園の帰り北原白秋で有名な伝肇寺(みみづく寺)付近で、遠くの方に二子山を見つけた。特徴のある山なのですぐにわかる。あの奥に芦ノ湖が隠れている。
 しばらく佇んでいたが、どう切り取るか構図を決めかねて取材だけにとどめることにした。眼下にごちゃごちゃ密集している住宅をどう扱うか迷ったせいだ。自分が歩き疲れていたせいもある。
 結局住宅群は切り捨てることにして描いたのがこれ。そのせいもあって横長の変型判になった。夕方近くのちょっとぼんやりした風景だ。

↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

黄葉の林

2015.11.27 17:11|小田原市

  151117 F4(Wirgman350 rough)

 城山公園に来た。何となく気が向いて小田原駅から歩きだしたが、途中小田原高校下の石段がこんなにきついのをすっかり忘れていた。百階段というらしいが、記憶と全く違った急勾配で背中の画材を放り出したくなった。それでも息を切らせながら登り切ったから、自分で自分をほめてもいいだろう。ヤレヤレだ。
 お蔭でこんな風景に出合うことができた。来てよかった。ちなみに、一夜城で有名な秀吉の攻略で滅ぼされた北条氏の古城は、この辺りに広がっていた。

↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

丘を歩く

2015.11.25 10:37|秦野市

  151115 F5(ARCHES)

 この辺りを歩くのが好きで、時たま足を運ぶ。丘陵のなかに隠れて震生湖という小さな湖があるせいもあるが、なだらかに広がる丘陵にも魅力がある。足にまかせ好きなように歩き回っているうちに、必ず何かしら絵になるところを発見できる。見慣れたロケーションでも、四季折々に異なる面白さがあるのがいい。
 ここは目立った彩りがあるわけではないけど、丘全体がようやく秋の気配だ。久し振りにアルシュの紙、吸い込みがよくて重色が難しい。サイジングを強く加工して描いたほうがよかったかもしれない。

↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

里山にて

2015.11.23 15:24|伊勢原市

  151112 F4(vifArt 300)

 スケッチをしていると、時たま話しかけられることがある。内容は人それぞれだが、なかで特徴的なのは「どこから来ました?」だ。答えを聞いても「ア、そう」という感じで、別段深い意味があるわけじゃないようだ。けれどそう問いかけてくる人はまず地元の人と見て間違いない。相手もヨソノヒトで問いかけてくるケースは滅多にない。このときもそうだった。しばらく見ていたが、やがて黙って離れていった。
 今はこっちも慣れっこでどうということもないが、以前は身元調べをされているようで落ち着かない気分になったものだった。多少は胡散臭いと思われたのかもしれないと思ったりした。かと思うと、わざわざ家まで引き返してミカンを持ってきてくれた人もいた。里山ではこんなありがたい経験もする。

↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

ミカン山にて

2015.11.21 10:36|伊勢原市

  151110 F4(vifArt 300)

 ミカン畑は背後にも広がっている。さっきまで人影がチラチラ見えていた。きっとミカン狩りに来たのだろう。今はまだ早いが、そのうちここも賑わいそうだ。

↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

日向川2

2015.11.19 09:42|伊勢原市

  151109 F4(VIFART rough)

 日向薬師から歩いて下るときのこと、逆光を受けた川辺の巨樹に惹かれた。まだ緑を残した梢の紅葉が柔らかく輝いていた。

↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

緑のかけ橋

2015.11.17 10:20|その他

  151108 F4(vifArt)

 大和市の「泉の森」。橋が風景のアクセントになっていてよく目立つ。秦野市には「風の吊り橋」というのがあるが、こっちは斜張橋の造り。木橋でこの構造というのは珍しいそうだ。
 手前に長い木の影が落ちて明暗の差がついた。こんなところにも秋を感じる。水面だけが明るい。

↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

入母屋の古民家

2015.11.15 12:34|その他

  151107 F4(vifArt 300)

 大和市の「泉の森」にある旧北島家。この家を見たとき、すぐに入母屋の造りが目に留まった。農家にしては珍しいと思ったが、入母屋の屋根にした理由はすぐにわかった。この農家は二階で蚕を飼育した。換気のために窓が必要だったんだろう。ただし寄せ棟にして小屋根の煙出しを設ける造りにしなかった理由まではわからない。そういう造りの養蚕農家も多いと思うが土地柄のせいだろうか。
 樹木の手入れをしている係の人に聞くと、屋根は1年ほど前に葺き替えたという。新しい茅葺きは見るからに気持ちがいい。ちなみにこの絵の手前は旧小川家。こっちはまだ葺き替え予定はなさそうだ。
 この辺りは引地川の水源のある谷戸田だった。周囲の都市化で増えた雨水の流入対策で、調整池を作り公園にしたという。かなり広大な公園で、緑地の多いのが気に入った。春の頃はどんなだろうか。

↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

日向川

2015.11.13 09:53|伊勢原市

  151106 F6(VIFART)

 このごろは、日差しが弱まったかわりに、外で目にするものの陰が濃く暗く感じられるようになった。冬至に向けて日に日に低くなる太陽が、横ざまに光を浴びせてくるせいだ。自然を相手に絵など描いているとそれがよくわかる。特に午後になると強く感じる。
 お陰で樹木でも地形でもその在りようがくっきり見える。彩りが目を引くだけででなく、秋はそんな季節でもある。

↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

ミカン山から

2015.11.11 09:17|伊勢原市

  151104 F4(vifArt 300)

 日当たりのいい風景が東南に広がっている。こうして見渡すと、大づかみに秋の気配が見て取れて爽快だ。暖かい日差しとサラッとした空気、それに静けさ。いうことなしだ。
 下描きだけで終わらず、手近なカゴを引っくり返しイーゼル代わりにして描くことにする。画材を持ってきてよかった。

↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ