03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

神奈川県在住。透明水彩で、風景と花を中心に描き続けています。 ↓のリンクから、サイト「ぼくの水絵」もご覧ください。

Author:sneaker

アルバム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ハナミズキ

2015.04.28 17:45|
100507ハナミズキ
  100507 F3(WHITE WATSON)

 この木のことは、長いこと「アメリカハナミズキ」だと思い込んでいた。別名の「アメリカヤマボウシ」と混同して覚えたらしい。そのせいで、今もハナミズキを思うと「アメリカ」というのが接頭語のように頭に浮かぶ。困ったものだ。
 街路樹でも庭木でも今が紅や白の花盛りで、遠くからも見分けがつくほどだ。花のように見えるのは実は総苞で、本当の花はその中に小さく咲く。そう思って見るせいか、近づいて一つ一つをよく見ると何となく侘しげな感じがする。


↓クリックしてください。ランクアップになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

キャンパスにて

2015.04.26 11:37|その他

  150422 F4(VIFART)

 小田急線東海大前駅からこの湘南キャンパスまで、徒歩で約20分くらいで来られる。駅の近くに用事で来たついでに、思いついて足を延ばした。ずっと上り坂続きで、結構急勾配なところもある。朝など急ぎのときは学生もしんどいだろうなと思いながらゆっくり歩く。
 何年ぶりになるだろう。所用のついでだったのでゆとりがなく、時間をかけて歩き回るわけにもいかない。見渡したところ建物の変化は見つからず、立木の春らしい様子の取材で我慢することにした。学生たちに新入生らしい様子が見えるかとも期待したが、もう既に見分けがつかないほど同化して誰もが同じようだった(アタリマエカ、小学生じゃあるまいし)。


↓クリックしてください。ランクアップになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

二つの塔

2015.04.24 10:31|秦野市

  150417 F4(vifArt300)

 東海大の湘南キャンパスを訪れた帰り、目についた風景をカメラに収めた。窪地を挟んで向こうの丘に家が建て込んでいる風景だ。そのときは、遠景に塔が二つ見えるのがちょっとアクセントになるなと思った程度だった。
 帰宅後描いたあと、どうも二つの塔が気になって仕方がない。互いにかなり離れてはいるが、よく似た塔で無関係とは思えない。工場か何かの施設だろうか。
 ふと思いついてGOOGLEの地図で調べてみることにした。全く未知の場所で自信はなかったが、ストリートビューと航空写真を併用して道をたどり、ようやく目的の場所を確認できた。秦野精華園という知的障碍者の支援施設の塔だった。地図で見てもかなり広い敷地に建っている。塔が離れて見えるのも当然だ。
 GOOGLEでこんなことができるんだと感心しきり。ひまに任せて、あれこれ調べてみたくなっている。


↓クリックしてください。ランクアップになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

丘に登る

2015.04.22 09:53|伊勢原市

  150415 F4(vifArt300)

 今しがたまで、遠くで果樹の手入れをする人の姿がチラチラしていた。作業が終わったのか、それがいつか消えて見渡す限り動くものがなくなった。今日は風もない。鳥もいない。


↓クリックしてください。ランクアップになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

シャガ

2015.04.20 10:45|
100422シャガ
  100422 F6(WHITE WATSON)

 シャガはアヤメの一種だ。花でも咲いていないと目に留まらない、というより普段はこっちが気がつかないほどひっそりした存在だ。でも花は見るからに清楚で優しい。好む人も多いだろう。
 これまで仮名書きで済ませてきた。でも、「シャガ」は漢字だとどう書くんだろう。気になって調べてみたら、「射干・著莪・胡蝶花」などと書くそうだ。射干や胡蝶花はともかく、「莪」なんて字は滅多にお目にかかれないし、「著莪の花」なんて書くと途端によそよそしく取り澄ました感じになってしまう。ちなみに学名では”iris japonica”という。このほうがずっと親しみやすい。中国からの帰化植物だというのに何でjaponicaなのか、胡散臭い命名に思えるけど。


↓クリックしてください。ランクアップになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

大学農場にて

2015.04.18 11:40|伊勢原市

  150412 F4(LAMPLIGHT)

 例年と比べて今年は、あちこちで見事に咲きそろった菜の花畑を見かけた。当分その機会は続くかもしれない。
 それにあやかってというわけではないけど、ただの空き地を一面の菜の花で満たしてみた。何日か前に別な畑で見た光景がおおいに参考になった。地味な風景がいくらかサマになったと思うがどうかなぁ。


↓クリックしてください。ランクアップになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

湖畔

2015.04.16 17:31|秦野市

  150411 F4(vifArt300)

 コントラストの強い絵を描きたくなった。それでこんな絵になった。
 気分はもう初夏だ。早く半袖で歩きたい気分。

↓クリックしてください。ランクアップになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

窪地にて

2015.04.14 10:26|秦野市

  150408 F3(CANSON)

 珍しく描線を残して描いてみた。といっても全体に下描きの痕跡をはっきり残すほどではないけれど。鉛筆を生かした素晴らしいスケッチを描く人は何人も知っているしそれぞれに魅力も感じるが、自分ではそれはクロッキーやラフスケッチのときだけという描き方を続けている。いつかはと思うときもあるがなかなか機会がない。
 もう20年以上にはなる古いスケッチブックを見つけた。昔描いたスケッチに日付があった。ついでに想い出を懐かしんだ。この絵はその紙に描いたみたものだが絵の具の乗りはいい。全体が黄ばんで見えるのは紙のせいではない。下塗りにキナクリドンゴールドを薄く延ばしたからだ。

↓クリックしてください。ランクアップになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

芽吹く前に

2015.04.12 14:04|秦野市

  150407 F4(VIFART)

 震生湖のほとり、木々の芽吹きがそろそろ始まっている。葉が茂ったら、このアングルでは対岸も湖面も見えなくなってしまう。今のうちだなと思いながら描く。今日の日差しは明るい。

↓クリックしてください。ランクアップになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

ボケ

2015.04.10 15:47|
090415ボケ
  090415 F3

 昨朝のこと、ふと見ると丹沢大山がうっすらと雪に覆われていた。前日の気象情報で関東もところにより雪といっていたとおりになったわけだ。「春に三日の晴れなし」というものの、このところの天候不順や寒さ続きには桜や桃などの花々もビックリだろう。
 ところが同じく昨日田舎道を歩いている途中、突然ツバメが一羽こっちの身体をかすめて飛び去っていった。こんな経験は何十年も前幼い頃以来のことだ。一瞬オッと思いながらも懐かしさがこみあげた。「そうだ、昔はツバメももっと身近に飛んでいたよなぁ」と見上げると、7~8羽ものツバメが元気に飛び交っていた。何となく嬉しくなる反面、こんな時期に戻ってくるのは早過ぎではと心配しながら暫く見とれていた。
 その先の梨畑では授粉の作業が始まっていた。授粉を終えた梨の花が、花粉の増量剤で白から薄紅色に染まっている。それがボケの花を思い出させた。

↓クリックしてください。ランクアップになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ