07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

神奈川県在住。透明水彩で、風景と花を中心に描き続けています。 ↓のリンクから、サイト「ぼくの水絵」もご覧ください。

Author:sneaker

アルバム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

戸川公園のアジサイ

2017.06.24 11:39|秦野市

  170622 F4(LAMPLIGHT)

 公園事務所のすぐ横に広がるアジサイを、名物の「風の吊り橋」から見下ろすアングルで描いてみた。丹沢山塊の登山口でもあるこの公園は、広々としていていろいろと変化があり、いつ来ても何らかのモチーフが見つけられる。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

震生湖・秋

2016.11.27 10:40|秦野市

  161126 F4 LAMPLIGHT

 一声だけキキッと鳥の声がした。あとは静寂が続いた。

画像の無断転載を禁じます。[All rights reserved.]
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

緑陰

2016.09.12 11:31|秦野市

  160911 F4(WATER FORD)

震生湖にて。
樹間を抜ける風が心地よい。


画像の無断転載を禁じます。[All rights reserved.]
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

白笹稲荷

2016.09.08 10:10|秦野市

  160907 F4(vif Art)

関東の三大稲荷の一つだそうだ。祭りの賑わいは知らない。
普段は静かなものだ。その静けさが気に入っていて、通りかかると境内についここでひと休みする。


画像の無断転載を禁じます。[All rights reserved.]
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

川遊び

2016.08.21 10:36|秦野市

  160818 F4(vif Art)

 戸川公園の中を流れる水無川。普段水量が少ないので、こんなふうに流れをまたぐようにして川床に道ができている。
 小さな子を遊ばせるのにもってこいの場所を見つけたようだ。


画像の無断転載を禁じます。[All rights reserved.]
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

川沿いのアジサイ

2016.06.22 11:14|秦野市

  160617 F4(vifArt)

 善波川の土手に咲くアジサイ、有志の世話もあって毎年よく咲く。
 土手は散歩道になっている。ベンチに座ると正面に富士山が見える。この日は、梅雨の最中なのに運よくその姿を見ることができた。


↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

クライミング・ウォール

2016.05.29 10:49|秦野市

  160525 F4(WATERFORD WHITE)

 戸川公園にある斜度可変式のクライミング・ウォール。高さは15mある。奥に見えるのは来訪者用の宿舎。
 ここでフリー・クライミングとかボルダリングとかの練習をするわけだ。コンペなどもあるらしい。実際にどうやるのか見たかったが、この日はお休みで人影がなく残念。人がいたら、もうちょっとましな絵になったかもしれない。


↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

風の吊り橋

2016.05.27 10:53|秦野市

  160522 F4(vifArt)

 戸川公園のシンボルみたいな吊り橋。これまで何度か描いたことがあるが、この日初めて、こんなふうに全体を見渡せる場所を見つけた。あまり人が寄りつかない場所で、偶然といえば偶然の発見だった。それに、これまでは向こうの右岸からばかりで、こちら側から描くのも初めてだ。
 不安定な傾斜に腰を下ろし、手早く下描きをした。この辺はヤマヒルもマムシも大丈夫そうだなどとチラッと思ったりして。
 ここから見ると、谷の深いことがよくわかる。谷底を流れる水無川はほとんど見えない。この日は土曜日で川床は家族連れで大賑わいだったが、ここから見る景色は「深山幽谷の趣きなり」だ。空はターコイズ・ブルーを使ってみた。自分としては珍しい選択だ。木々の緑にも使ってある。
 季節や時間が異なると別な絵になりそうだ。いずれまたの機会が楽しみだ。


↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

公園の池

2016.02.21 12:49|秦野市

  160218 F4(WATERFORD WHITE)

 この左手に何面かあるテニスコートに沿って囲むように広がる池です。密生する葦がいい具合に隠れ場所になっていて、ここは渡り鳥たちにも極めて居心地がよさそうだ。わざわざ餌を運んでくる人もいて、カモなどもちゃんと寄ってきます。
 ここは年間を通じて何種類かの鳥が見られます。一度だけ、葦の間に見え隠れするカワセミを見たことがあります。指さして教えてくれた人も滅多にないことと驚いていました。

↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

丘を歩く

2015.11.25 10:37|秦野市

  151115 F5(ARCHES)

 この辺りを歩くのが好きで、時たま足を運ぶ。丘陵のなかに隠れて震生湖という小さな湖があるせいもあるが、なだらかに広がる丘陵にも魅力がある。足にまかせ好きなように歩き回っているうちに、必ず何かしら絵になるところを発見できる。見慣れたロケーションでも、四季折々に異なる面白さがあるのがいい。
 ここは目立った彩りがあるわけではないけど、丘全体がようやく秋の気配だ。久し振りにアルシュの紙、吸い込みがよくて重色が難しい。サイジングを強く加工して描いたほうがよかったかもしれない。

↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ