03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

神奈川県在住。透明水彩で、風景と花を中心に描き続けています。 ↓のリンクから、サイト「ぼくの水絵」もご覧ください。

Author:sneaker

アルバム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

たからの庭

2017.02.27 10:09|鎌倉市

  170226 F4(LAMPLIGHT)

 北鎌倉にあるシェアアトリエハウス「たからの庭」、若い人たちに結構人気で、いろんな催しに使われているようだ。崖の下にあるのは陶芸用の窯の小屋。
 秋に取材して1枚描いたが、あとはそのままになっていた。今になってようやく描く気になった。




画像の無断転載を禁じます。[All rights reserved.]
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

浄智寺山門

2017.01.11 11:53|鎌倉市

  170108 F4(vifArt)

 多くの山門と違い鐘楼を兼ねているので鐘楼門とも呼ばれる。ちょっと華奢な造りだが瀟洒で親しみやすい感じがする。
 扁額には見慣れない書体で「山居幽勝」とある。お寺は修行するのにいい所だというくらいの意味らしい。参拝客に向かって、いい所だから見においでとPRしているように思えなくもない。



画像の無断転載を禁じます。[All rights reserved.]
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

お寺の井戸

2016.12.25 11:19|鎌倉市

  161216 F3 DENEB

 浄智寺で見かけた。
 ポンプのレバーを押したら勢いよく水が出た。


画像の無断転載を禁じます。[All rights reserved.]
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

浄智寺総門

2016.12.19 09:18|鎌倉市

  161213 F4(vifArt)

 この辺りの配置は独特で印象深い。訪れた人は忘れることがないだろう。しかし画面奥の総門を潜りながら見る扁額の言葉「寶所在近」はどうだろう。殊更注意を払う人は多くないにちがいない。
 「寶所在近」、なかなか味わいが深く好きな言葉だ。「寶」は「宝」の旧字。元来修行僧に向かって「宝所(悟り=浄土)は近くにある」と教える禅語らしいが、ワタシら俗人には「大事なことは近くにあるんだよ」と、さとしているようにみえる。

 さらに「幸せはすぐそばにある」とも読める。となると、これは星野哲朗作詞で水前寺清子が歌った、例の「三百六十五歩のマーチ」の世界に通じるかも。その一節には「しあわせの隣にいても/わからない日もあるんだね」とあった。禅語「寶所在近」の後には「更進一歩」の語が続くらしいが、これもあの歌の世界そのままだ。歌のほうは「ワンツー・ワンツー」と元気がいいが。

 ついでにいえば、ここの山門には「山居幽勝」という扁額がかかっている。「山」とはお寺のことで、人々に「お寺はいいところだ」といっているようだが、これもワタシなどには単純に「山家(やまが)の住まいはいいよね」と誘っているようにみえる。この山門は鐘楼を兼ねた特色のある造りで鐘楼門といわれる。いつか描いてみる気になるかな。


画像の無断転載を禁じます。[All rights reserved.]
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

浄智寺秋色2

2016.12.13 10:03|鎌倉市

  161607 F4(LAMPLIGHT)

画像の無断転載を禁じます。[All rights reserved.]
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

たからの庭

2016.12.11 12:04|鎌倉市

  161206 F4(WATERFORD)

 「たからの庭」という名のシェアアトリエハウス。浄智寺の裏手にある。シェアと称するとおり、様々なワークショップや展示販売ができる。奥に見える小屋は陶器の窯。
 あまり人に知られていないのかもしれない。この日は誰にも会わなかった。鎌倉でこういう静けさは得がたい。


画像の無断転載を禁じます。[All rights reserved.]
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

浄智寺秋色

2016.12.09 10:16|鎌倉市

  161205 F4(vifArt)

 北鎌倉の禅寺。ここは久しぶりだ。ふと思い立って訪れたのだが、円覚寺などの大寺とは違い人影も少なめでゆったりした気分で過ごせた。
 サザンカ、ツワブキが色を添えていた。


画像の無断転載を禁じます。[All rights reserved.]
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

葉祥明美術館

2016.12.07 11:35|鎌倉市

  161202 F4(LAMPLIGHT)

 北鎌倉にある絵本作家葉祥明氏の美術館。明月院の行き帰りには必ず目に入る。
 この日は外から見るだけにした。


 *端正な庭木が前から気になっていた。後日美術館に問い合わせたところ、紅葉葉楓(モミジバフウ)、別名アメリカ楓だとのこと。そういえば、金沢に美しいアメリカ楓の並木があると聞いたのを思い出した。

画像の無断転載を禁じます。[All rights reserved.]
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

切り株の仏たち

2016.05.13 10:37|鎌倉市

  160511 B5(MUSE)

 円覚寺塔頭の雲頂菴付近、観光客には無縁でどこにも人影はない。小さな石仏たちが、道端の切り株の上でひっそりと肩を寄せ合っていた。
 このディスプレイにどんな意味があるんだろう。まるで何かの相談を続けているかのような気配が心に残る。


↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

円覚寺 仏殿

2016.05.11 11:33|鎌倉市

  160506 F4(vifArt)

 山門の下から仏殿を描く。正面から見る仏殿は、両側の樹木に挟まれて半分顔を隠した格好だ。つまらない絵になりそうで描く気になれない。そこでこんな構図を選んだ。
 山門は、もっとコントラストを強めてシルエットのように暗くしてもよかったかもしれない。


↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ