09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

神奈川県在住。透明水彩で、風景と花を中心に描き続けています。 ↓のリンクから、サイト「ぼくの水絵」もご覧ください。

Author:sneaker

アルバム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

住吉橋から

2017.08.28 09:34|小田原市

  170824 F4(LAMPLIGHT)

 小田原城址公園の堀端。正面に郷土文化館や図書館の屋根が見える。右手の屋根は銅門。橋を渡ると行ける。
 この辺はいつも落ち着いた雰囲気で、気持ちが休まる。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

本丸へ

2017.08.26 10:54|小田原市

  170811 A4(Sunflower)

 小田原城址公園。朱塗りの常磐木橋を渡り、階段の先の門を潜ると本丸の広場だ。いつ来ても行き交う人の姿がある。この辺は何度も描いた風景だが、いつもとはちょっと違ったアングルから描いてみた。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

水鳥

2017.07.02 10:26|小田原市

  170630 F4(LAMPLIGHT)

 小田原城址公園のお堀、一羽だけがぽつんと浮かんでいた。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

小田原城のハナショウブ

2017.06.12 10:30|小田原市

  100603 F6(WHITE WATSON)

 だいぶ前に描いたのを見つけた。このときは現場で着彩した。周りにスケッチをする人が何人かいたのを思い出す。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

小田原城花盛り

2017.06.06 11:24|小田原市

  170529 F4(vifArt)

 城址公園の本丸東堀では、例年今頃になるとアジサイとハナショウブの花が咲き競う。今年も3日から祭りが始まった。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

菊花展

2016.11.04 17:40|小田原市

  131107 F6(VIFART)

 小田原城址公園の本丸では例年菊花展が開かれる。
 PC不調で時間を取られて更新ができなかった。これは旧作。


画像の無断転載を禁じます。[All rights reserved.]
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

白秋童謡館

2016.04.13 10:27|小田原市

  160411 F4(vifArt)

 ここ北原白秋の資料館は、元宮内大臣田中光顕が大正年間に建てた別邸だった。ちょうど庭先の藤棚が芽吹いていた。建物を描くには、花が咲く前の今がいちばんいい頃合いだろう。
 同じ敷地内に小田原文学館があり、こっちは洋風建築。
 白秋は、若い頃小田原に住み数多くの童謡を作った。彼の作品は生涯に1200編に及ぶとされ、その半数が同地で生まれたという。「からたちの花」「ペチカ」「待ちぼうけ」「砂山」「この道」「あわて床屋」などなど、今も好きな人は多いはずだ。

 思い立ってふだん使っている緑系の絵の具なしに描いてみた。緑色を出すために使ったのはガンボージ・ノバと青系の絵の具いくつか。混色によって様々な色合いが出せるし、いろんな青系との混色で予想外の色味も楽しめた。他にも試したくなった。


↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

城址公園住吉橋

2016.03.26 11:20|小田原市

  160323 F4(vifArt)

 小田原城の二の丸に通じる小さな木橋。土塀越しに屋根の見える銅門を潜ると二の丸の広場だ。正面の建物は郷土文化館。 
 この辺はいつも閑散としていて、落ち着いた気分になれる。


↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

城の石垣

2015.12.29 10:43|小田原市

 151225 F4(vifArt)
 
 目の前の立木が落葉しつくしたせいで、枝々の隙間からふだん見られない構図を捉えることができた。天守に至る石段の下だ。陽を浴びた石垣がいつもと違う表情を見せていた。
 描きながら思った。人は何千年も昔から石を積み重ねてきた。ピラミッドやストーンヘンジ、古代ギリシャやローマの遺跡を挙げるまでもない。私たちの身近にもその例はいくらでもある。この石垣もその一つだ。整然とした石組み一つとっても、その陰に様々な技術や美意識の長い歴史が潜んでいるに違いない。一口に「文化」というが、どんな文化であるにせよ、それを成り立たせるにはこうした一見何でもないような「石積み」という営為さえもが重要な要素になっているんじゃないか。
 そんなことを思っているうちに手前の木立が邪魔に思えてきて、描き込むのはやめることにした。

↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

お堀端の桜

2015.12.09 09:45|小田原市

  151206 F4(vifArt)

 小田原の城址公園。花の頃もいいが、絵のモチーフとしては、紅葉の今の方が魅力的な気がする。

↓クリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ