01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

神奈川県在住。透明水彩で、風景と花を中心に描き続けています。 ↓のリンクから、サイト「ぼくの水絵」もご覧ください。

Author:sneaker

アルバム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

新宿御苑

2017.02.12 11:29|その他

  110206 F4(Langton)

 このときは、所用のついでに寄ったのであまり時間がなかった覚えがある。冬枯れの苑内でも、スケッチをする人たちは少なくなかった。




画像の無断転載を禁じます。[All rights reserved.]
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

ダリア展

2016.10.21 15:52|その他

  161017 F3(VIFART)

 上野東照宮のぼたん苑にて。ぼたん苑でダリア展とはと奇異に思ったが、ダリアの和名は天竺牡丹と知って、大方その繋がりでなんだろうと納得。ダリアにこんな多くの種類があるのを初めて知った。見たこともないような花弁のもあって面白かった。
 背景は寛永寺の五重塔。動物園の敷地の中にある。というより、寛永寺のもともとの敷地に後から動物園ができたんだろうけど。


画像の無断転載を禁じます。[All rights reserved.]
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

寒川神社

2016.10.11 12:37|その他

  161006 F4(vif Art)

 八方除で知られる神社。 相模一の宮だけあって立派な拝殿だ。前にせり出した唐破風と大きな注連縄が目立つ。
 この日は暑かった。お参りも楽じゃない。


画像の無断転載を禁じます。[All rights reserved.]
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

湯ノ湖翳る

2016.10.07 09:22|その他

  131021 F6(VIFART)

 奥日光の湖。ここから流れ出た湯川が戦場ヶ原を経て中禅寺湖に注ぐ。
 午後の日差しを受けて、遠くの山だけが明るい。


画像の無断転載を禁じます。[All rights reserved.]
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

湯川 秋

2016.10.05 09:26|その他

  131020 F6(VIFART)

 奥日光の戦場ヶ原を流れる川。懐かしい絵に少し手を入れた。

画像の無断転載を禁じます。[All rights reserved.]
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

戦場ヶ原の木道

2016.10.03 09:20|その他

  131016 F4(VIFART)

 奥日光の秋。右を流れるのは湯川。上流に湯滝、下流に竜頭の滝がある。

画像の無断転載を禁じます。[All rights reserved.]
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

国立新美術館にて

2016.08.25 08:42|その他

  160820 A4(MUSE)

 ルノワール展を見たあと、ここでひと休み。全面ガラスで覆われた外壁の曲面と、吹き抜けの三階まで届く巨大なカップ状の壁とが面白い空間を形作っている。これで何度目かだが、いつも斬新な印象を受ける。

画像の無断転載を禁じます。[All rights reserved.]
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

ルノワール展

2016.08.23 09:35|その他

  160820 F4(WATER FORD)

 ようやく出掛けることができた国立新美術館。そろそろ展示の終了が間近なので混雑を心配したが、そうでもなくてよかった。
 ルノワール自身が自分は人物画の画家だと称するとおり、人物を描いたどの作品も素晴らしかった、そして作品の楽しさを味わえた。描かれた人物たちを見ると、もともとこの人は楽しい絵を追求した画家だということがよくわかる。見ていて楽しくなるような画家はそうはいない。
 そのうえ、普段目にすることのない風景画数点を見ることができたのも望外の喜びだった。モネといっしょに制作をした時期もあったようだ。どんなことを語り合いながら描いたんだろう。


画像の無断転載を禁じます。[All rights reserved.]
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグボート

2016.08.03 12:06|その他

  160802 F4(WATERFORD)

 真鶴の港内を、どこからか大きな作業台船が戻ってきた。岸壁に近づいたと見る間に、曳航してきたタグボートが、突然轟音とともにグルッと急旋回して間隙をすり抜けた。台船はそのまま静かに接岸した。
 目の前の狭い場所での出来事だ。タグボートの鮮やかな妙技に目を奪われて、思わず「オッ」と声をあげそうになった。
 周囲の人たちは、誰も関心をもっているようには見えない。知らん顔で釣り糸を垂れたりしている。こんな光景は、毎日の繰り返しで慣れっこなんだろう。こっちはしばらく海面の波紋から目が離せなかった。


画像の無断転載を禁じます。[All rights reserved.]
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

パークゴルフ場

2016.06.28 11:12|その他

  160624 A4(MUSE)

 中川一政美術館のあと、隣接するお林展望公園に来てみて驚いた。すっかり様変わりしてパークゴルフ場になっていた。変わっていないのは海に面した辺りだけだった。
 コースごとに網で区切ってあるのが、窮屈だろうなぁと思うものの物珍しく思える。芝の手入れをしている人の話だと、こんなふうになったのは4年前からだそうだ。以前は何もない広場で閑散としていた。それなりにいいと思っていたが、今はプレイヤーで賑わっている。真鶴町としては、このほうが人集めになると判断したんだろう。
 前からあった休憩所が、いかにもクラブハウス然とした感じで建っている。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ