FC2ブログ
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

神奈川県在住。透明水彩で、風景と花を中心に描き続けています。

Author:sneaker

アルバム

最新記事

最新コメント

タグ

季節 里山   建物 公園 河川 谷戸  庭園 寺社 樹木  湖沼 市街  

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

梅雨入りの頃、里山を歩く

2019.06.26 10:34|伊勢原市

  190610 八切(Sunflower)

 深く切れ込んだ谷戸を巡って歩く道です。
 途中にミカン畑があったりして、四季折々に見せる変化が絵心を誘います。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:季節 里山 谷戸

公園の木

2019.06.24 12:17|伊勢原市

  190608  八切(SUNFLOWER)

 絵筆の動かし方について、最近強く感じていることをちょっと。ごく個人的なことで気恥ずかしいのですが。

 YouTubeなどのお陰で、多くの水彩画家たちのデモを見る機会が増えました。そこで学ぶことはたくさんありますが、中で今注目しているのは筆先の動きです。どの画家たちも、実に様々な描き方をする。繊細に、大胆に、迷いなく、躊躇しながら、素早く、ゆっくりと、という具合に一人の画家だけでも筆の動きは多彩です。
 多彩ですが、皆さん一様に筆先を大事にしています。当たり前のようですが、ネガティブペインティングのような細かく神経を使うときなどばかりでなく、大きく筆を動かしてウォッシュをかけるときでさえも。

 このことに気づいたのは、Tim Wilmotさんの動画からでした。彼の筆は、動画のなかで興味深い動きを見せます。でも一見迷い筆のような動きが彼の考えを示しているのだと気づくと、そのたびにこの先どうなるかとドラマを見るような期待感さえ生まれます。
 そのときに目を引き付けるのが筆先です。それは生きているようにさえ見えるときがあります。もちろん筆の腹を使った描き方もしますが、多くの場合筆先が緻密な動きを見せるのです。実は完成した彼の作品は、対象を大きく捉えた印象が強い。敢えていうならチマチマ感はない。しかしそれを支えているのがこうした細やかな筆先の動きであり、効果だと思われます。

 多くの画家たちの影響で筆先の動きに気を付けるようになって、自分の絵がどう変わったかはわかりません。ですが、絵筆の動かし方に前より少しは気を配るようになっているかもしれません。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:公園 樹木

カモのいる田んぼ

2019.06.22 11:15|秦野市

  190606 F4(WATERFORD)

 水を張って間もない田んぼで、カモが羽を休めていた。農作業が始まる前の束の間の出来事。
 いつもなら気にも留めない風景だが。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:季節

垣のバラ

2019.06.20 08:51|

  190604 F4(LAMPLIGHT)

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:

梅雨入りを前にして

2019.06.18 09:21|伊勢原市

  190602 F4(white ibis)

 小さな谷戸の風景です。近くにあるバス停の中谷という名は、この谷戸の昔の地名だったのかもしれません。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:季節 谷戸

アジサイ2

2019.06.16 11:53|

  190530 F3(VIFART)

 赤いアジサイをもう一枚。
 こんな赤色は珍しいとネットで調べたら、結構販売されているようです。きっと園芸種なんでしょうね。更に調べたら、「アミ・バスキエ」という種類らしいところまではわかりました。ただの好奇心です。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ: 季節

アジサイ

2019.06.14 09:21|

  190529 F4(LAMPLIGHT)

 下描きなしで描いてみました。ピンクや藤色でなく、こんなふうに赤いアジサイが珍しくて描きたくなりました。
 アジサイのが赤くなるのは、土壌がアルカリ性だからだそうですね。リトマス試験紙で何かを調べた場合、赤くなるのは酸性だからでアルカリ性だと青くなりますが、アジサイの反応はその逆なんですね。でももしかしたら、この赤色は土の酸性度に無関係な色なのかもしれません。そんな赤でした。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:季節

カモの来る公園

2019.06.12 10:39|伊勢原市

  190527 F4(white ibis)

 近所の公園です。小さい公園のわりには結構広々していて、カモたちが渡りの途中羽を休めているのをよく見かけます。このときも数羽水に浮かんでいました。サギが姿を見せることもあります。時には三脚を立てた人が鳥たちを待ち構えていることも。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:公園

里山散歩

2019.06.10 12:11|伊勢原市

  190523 F4(WATERFORD)

 最近里山では、人家近くの畑でも野生動物除けの電気柵をあちこちで見かけるようになりました。先日は、大きな団地付近の畑でも柵が張り巡らされていて驚きました。団地の人に聞くと、主としてイノシシ対策なのだそうです。シカの被害ももちろんあるそうで、いよいよこんなところまでもかと思いました。
 無論、柵自体は当方の里山歩きに支障ありません。ロケハンには目障りなこともないではないですが。むしろ、ホントに支障があるのは柵よりもヤマビルでしょう。団地の人の話では、イノシシが運んでくるヤマビルの被害がすでに出始めているとか。
 里山歩きは好きですが、これまでのようにどこでも立ち止まって気軽にスケッチとはいかなくなるのが気がかりです。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:里山

葛葉峡谷

2019.06.08 11:53|秦野市

  190525 八切(Sunflower)

 葛葉緑地のなか、峡谷をなして蛇行する葛葉川。先日アップした「くずはの家」の近くにある吊り橋から見た風景です。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:河川 公園 樹木

奥津国道美術館とくずはの家と

2019.06.06 10:55|秦野市

  190520 F4(AVALON)

 先頃開館したばかりの奥津国道美術館へと、急に思い立って出掛けました。秦野は奥津さんの郷里です。美術館は、バスを降りたあと急な坂を登り切って奥まったところにありました。ところが、固く閉まった門前に「水・木は休館」と無情の表示。う~ん、残念。ちゃんと調べてくればよかった。

 そこで、第二の目的に切り替えました。この辺一帯には、丹沢から流れ下る葛葉川の峡谷に沿った緑地が広がっていて、その様子を見たいとも思っていたのです。この緑地は、今から30年以上前に「かながわのナショナルトラスト第1号」に認定されました。

 むせかえるほどの新緑のなか峡谷の流れに向かって下ったところに、この絵の「くずはの家」が建っていました。自然観察のための多目的の施設です。少し休ませてもらいました。ちなみに、この大木は榎だそうです。教えてもらいました。
 この絵が描けたことでひとまず満足しましたが、美術館も葛葉緑地も再訪の要ありです。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:河川 建物 公園

木で遊ぶ

2019.06.04 11:12|楽描き
近所の川岸に、一本だけ周りから離れて立っている大木があります。名は知りませんが、枝振りもよく、今の季節は特に目立ちます。気が向くままに3枚ほど描いてみました。お遊びです、どれがいいかはお好み次第ということで…。

まず、タッチを残して1枚。



次に、ウェット・イン・ウェットで。
190517study2.jpg

最後に、ファースト・ウォッシュを生かして。
190517study3.jpg

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:樹木

新緑いつまで

2019.06.02 11:51|伊勢原市

  190515 F4(LAMPLIGHT)

 里山もそろそろ、若葉が青葉と名を変える季節が近づいていますね。この辺りでも、ツバメが飛び交うのをよく見かけます

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:季節 里山

団地のコミュニティハウス

2019.05.31 11:07|秦野市

  190512 F4(LAMPLIGHT)

 時たま、この辺までやってきて疲れると、この公園のベンチで休みます。大きな団地の中にありますが、立木が多く芝生の広がる公園です。コミュニティハウスはその一角にあります。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:建物 公園

泉の森公園の古民家

2019.05.29 12:16|その他

  190511 F4(vifArt300)

 泉の森は大和市にある緑豊かな公園で、この家はいくつかの古民家の一つです。入母屋造りで元は養蚕農家だったといいます。
 これも旧作に手入れ。遠近感をはっきりさせたくてあれこれ加筆したり洗ったりしました。

 このところ、いくつかの旧作に手入れということが続きました。事情があって古い絵を引っ張り出したところ、目についたものに手を加えたくなったのです。
 それぞれ何年も前に描いたものです。そのときはこれでよしとして完成したつもりでした。でも今見ると不満になる。なぜでしょうかね。一言でいえば自分が変わったということでしょう。単に技術的なことだけでもなく、ものの見方考え方だけでもなく、あいまいながら歳月の仕業とでもいっておきましょうかね。しかし、よくも悪くも今の自分を信じるなら、当時よしとした部分を捨ててでもと考えるのも仕方ないんじゃないかなぁ、などと自分に言い訳をしながら筆を動かしました。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:建物 公園

風月亭

2019.05.27 08:46|その他

  190510 F4(vifArt300)

 旧作に手入れ。全体のバランスを見ながらコントラストを調整した。落ち着いた雰囲気になったと思う。
 厚木市の公園にある東屋。中国からの寄贈だという。

 旧作はこちら

151207huugetsutei@.jpg

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:建物 公園

鎌倉文学館

2019.05.25 12:08|鎌倉市

  190509 F5(Arches)

 旧作に手入れ。手入れをしながら思い出したことがある。
 ここは、往時の鎌倉文士たちを資料で偲ぶのも楽しいが、庭のバラ園も楽しい。ちょうど今頃はきっと花の盛りに違いない。この絵を描いたときも、最初はバラ園からの風景を考えた。しかし、バラ園と建物との間が芝生を挟んで結構離れていて、見たままだとどうしても建物を小さく描かざるを得ない。結局建物を大きく描きたい気持ちが勝って、この絵になった。
 今だったらどうだろうか、いつかまた訪ねてみようか。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:建物 庭園

ジャーマンアイリス

2019.05.23 08:58|

  190513 F4(white ibis)

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:

建長寺の境内

2019.05.21 12:15|鎌倉市

  190507 F5(Arches)

 旧作に手入れ。光の具合に注意しながら、全体のコントラストを調整しました。
 北鎌倉にある建長寺の塔頭、天源院付近です。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:寺社

ひと休みの風景

2019.05.19 11:23|伊勢原市

  190505 F3(VIFART)

 里山歩きにちょっと疲れてひと休み。道端で腰を下ろしたときのスケッチです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:里山

今泉の丘から大山を望む

2019.05.17 11:59|秦野市

  190407 F6(Langton)

 旧作に手入れ。
 震生湖からの帰り道、丘を下りながら見つけた風景。中景の木々が、うまく秦野の市街を隠してくれていた。全体の広やかな感じが気に入って描く気になったのを思い出す。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:里山

アオサギのいる池

2019.05.15 10:49|秦野市

  190406 F6(Langton)

 旧作に手入れ。
 桜で知られている公園です。この日は人影が少なく、鳥も落ち着いていられるようでした。アオサギやシラサギなど、サギ類の佇立する姿は絵になりますね。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:公園

作業小屋

2019.05.13 08:48|伊勢原市

  190503  F4(AVALON)

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:里山 建物

ハコネウツギの咲く道

2019.05.11 11:53|伊勢原市

  190501 F4(white ibis)

 そろそろ初夏らしい日が続くようになってきた。
 こんな山にも、それなりの楽しみが増えてきた。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:季節 里山

木漏れ日明るく

2019.05.09 09:52|伊勢原市

  190429 F4(LAMPLIGHT)

 歩くうちに、突然ウグイスの鳴く声がした。間近にいる。目で探しても無論姿は見えない。
 立ち止まらずにそのまま歩く。鳴き声は暫く続いた。この辺で耳にするのは初めてだ。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:季節 里山