FC2ブログ
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

神奈川県在住。透明水彩で、風景と花を中心に描き続けています。

Author:sneaker

アルバム

最新記事

最新コメント

タグ

季節 里山   建物 公園 河川 谷戸  庭園 寺社 湖沼 樹木  市街  

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

花桃

2019.04.23 10:03|

  190414 F4(LAMPLIGHT)

 ここ何年か毎年桃を描いてます。
 今年は、取材の時期が少し遅くなりました。
 の間から若葉が芽吹いているのも悪くないと思います。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:季節

梨畑花盛り

2019.04.21 09:55|伊勢原市

  190413 F4(LAMPLIGHT)

 滅多に歩かない道でこんな風景に出会いました。
 梨の期は短い。授粉の作業は済んだのでしょうか。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:季節 里山

鎮守の桜

2019.04.19 10:56|伊勢原市

  190411 F4(LAMPLIGHT)

 祭りのときは賑わいますが、普段は静かです。どこも同じですね。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:季節 寺社 樹木

日暮れ間近に

2019.04.17 10:26|伊勢原市

  190412 F4(LAMPLIGHT)

 大学農場から見下ろす。
 向こうの山々の稜線が西日を受けて光っている。少し前まではこんな感じにはならなかった。山々でいっせいに芽生えた若葉のお陰だ。衣替えした木々が光っているのだ。
 春は花々だけではない。何もかも、思いがけない驚きに満ちている。そういえば、数日前ツバメを見た。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:里山 季節 樹木

大学病院のケヤキ並木

2019.04.15 09:17|伊勢原市

  190409 八切(Sunflower)

 ケヤキ並木の若葉が爽やかです。
 この病院には何かとお世話になっています。通い慣れた道です。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:季節 樹木

枝垂れ桜

2019.04.13 10:17|伊勢原市

  190408 F4(white ibis)

 通りからちょっと引っ込んで咲く桜。
 でも、ここは国道沿い、道行く人々を楽しませているに違いない。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:季節

震生湖

2019.04.11 10:05|秦野市

  190405 F6(Langton)

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:湖沼

樹間の円覚寺三門

2019.04.09 08:42|鎌倉市

  190404 A4(Sunflower)

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:寺社 建物

谷戸の春

2019.04.07 10:44|伊勢原市

  190402 F4(LAMPLIGHT)

 ここにも、菜の花と桜の彩りがありました。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:里山 季節 谷戸

水ぬるむ

2019.04.05 09:03|伊勢原市

  190330 F4(LAMPLIGHT)

 鈴川といいます。丹沢の大山から流れ下る川の一つです。
 水にも春が感じられるようになってきました。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:季節 里山 河川

路傍にて桜咲くも

2019.04.03 11:32|伊勢原市

  190327 F4(white ibis)

 桜の巨木が数本、こんな路傍でと思うようなところで見事なをつけていました。これを見つけたときは、思わず足を止めて見入ってしまいました。数年前の話です。
 先日行ってみました。この辺は路工事ですっかり様変わりしてしまい、これらの木々は全て姿を消していました。驚きました。がっかりもしました。きっと無残にも切り倒されたにちがいありません。
 この絵は、桜への挽歌のようなつもりで描きました。タイトルを「路傍にて桜咲くも」としたのも、そんな感傷の表れです。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ: 季節

春分を過ぎて

2019.04.01 15:32|伊勢原市

  190325 八切(Sunflower)

 ここ数日の間に、里山の色合いが全体に春らしく変わってきました。々の華やぎに次いで山の木々も目を覚ましたようです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:季節 里山

野山春めく

2019.03.30 10:30|伊勢原市

  190324 八切(Sunflower)

 野山が見せる彩りの変化が日々楽しみな季節です。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:季節 里山

ダリア

2019.03.28 11:18|

  190322 F3(VIFART)

 秋のを春に描く。
 何だか急にその気になって、ただの気まぐれです。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:

日差し暖かく

2019.03.26 11:13|伊勢原市

  190321 F6(Langton)

 旧作に手入れ。お気に入りの谷戸の風景です。
 日向の暖かさがもっと感じられるように、主として明暗のコントラストを強めました。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:里山 谷戸 季節

川辺の菜の花

2019.03.24 10:57|伊勢原市

  190319 F4(LAMPLIGHT)

深い川の底まで、菜ので埋め尽くされています。毎年見かける楽しみな光景です。
何かの理由で土砂が溜まり護岸の壁を覆ってしまったのかもしれません。川床から木まで生えていて、長年の無事平穏を思わせます。きっと水害に遭ったことなどないのでしょう。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:季節 河川

庭の水仙

2019.03.22 10:52|伊勢原市

  190317 八切(Sunflower)

 農家の庭の片隅で咲き競う水仙。誰が見ようと見まいとの心意気…。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:季節

日差し暖かく

2019.03.19 12:24|伊勢原市

  190315 八切(Sunflower)

里山を歩くのが楽しい季節になってきました。まだ眠っているような雑木林でさえ春のぬくもりを感じます。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:里山

啓蟄を過ぎて

2019.03.17 18:27|伊勢原市

  190313 F4(LAMPLIGHT)

 そろそろ田起こしの時期だと思うが、ここはまだ始まらない。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:里山 季節

いつかの琵琶湖

2019.03.15 17:42|喫茶ギャラリー(課題)

  190310 F4(LAMPLIGHT)

 旅立ちでしょうか。一羽だけ、出遅れたようです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:湖沼

路地

2019.03.13 13:50|喫茶ギャラリー(課題)

  190307 F4(LAMPLIGHT)

 子供の頃から路地が好きだった。それには路地に絡む思い出があるからだ。思い出の中にある路地は、こんなふうに石畳を敷いた小綺麗なものではなかったが。

 遙か昔小学生のとき、隣近所の子供仲間のうちで一時流行った遊びがある。当時は戦後間もなくで、まだ市内の車が少なく路がどこも歩行者のものだった頃の話である。数人が二手に分かれたうち、先行した子供たちは一団となって街中の街路を縦横に自由に逃げ回る。それをあとの子供たちがこれまた団体で追いかけてつかまえる。ただし追う側は、必ず追われる側のたどったコースをたどらなければならないルールがあった。いうなれば団体同士の鬼ごっこだった。詳しいことは省くが、このルールのせいで遊びはなかなか迫力があった。年上の子供に後れじと夢中で走り回った覚えがある。

 誰が考え出したか知らないが、学校で級友から似たような話は聞いた覚えがないから、きっと自分たちだけの遊びだったのだろう。今の時代では考えられないほど、当時の小学生にはヒマも行動力もあったということだが、もしかしたら全国的にも珍しい遊びだったかもしれない。

 お陰で市内の路がどんなふうか、どこにどんな路地があるかかなり詳しくなった。同時に路地を抜けるとその先に思いがけない風景があることを知った。そればかりか狭い路地から眺めると、見慣れた風景でさえまるで見ず知らずの景色のように見えることにも気づいた。狭い路地や家と家との隙間から覗く風景は、一種の望遠鏡か拡大鏡を覗いたような新鮮な驚きを与えてくれたものだった。

 当時は考えもしなかったが、それは子供なりに、視点や視角を変えて事物を眺める面白さや喜びを知らず知らず経験していたということなのだろう。この経験は、自分でも意外なところで生きている気がする。今風景画を多く描くようになって、ふっとそんなことを思い出したりするのもその一つだろう。風景を描くということは、目の前にした風景の一部を切り取ることでもある。路地の先に覗いた風景は、それなりに切り取られた風景でもあったわけだ。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ: 市街

秋葉原駅のターミナルビル

2019.03.11 16:27|喫茶ギャラリー(課題)

  190305 F4(LAMPLIGHT)

 つくばエキスプレス直結のターミナルビル「アキバトリム」のエントランス付近。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:建物

少女

2019.03.09 10:28|喫茶ギャラリー(課題)

  190303 F3(VIFART)

 人物像はホントに久し振りです。画像が気に入ってその気になりました。出題者から見て、シアトル辺りの子かな。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:季節

箱根の山に雲かかる

2019.03.07 09:58|伊勢原市

  190301 F4(white ibis)

地平の彼方に、箱根の々のシルエットが見える。ポコポコと二つ並んでいるのが上二子と下二子、その右隣が駒ヶ岳と神で、左隣は屏風
辺りの空気が冷えてきた。夕暮れが近い。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ:季節

国道246号

2019.03.05 10:34|伊勢原市

  190228 F4(white ibis)

 長距離トラックの多い路線です。こんなふうに乗用車、それも黒いのが連なって走る光景は珍しい。ちょっとギャング映画のワンシーン風ですが、先頭が軽自動車というんじゃどうですかねぇ。舞台は市境付近の山里です。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ

タグ: